看護部組織図

部署紹介

3A病棟(整形外科)

整形外科疾患全般の周術期を中心に、看護を行っています。
入院早期から始まるリハビリも、患者さまの状態をスタッフ全員が的確に把握し、患者さまと共に療養・リハビリを進めていく観点から、ウォーキングカンファレンスを積極的に実施しています。
またNST(栄養サポートチーム)と連携を図り、個々の患者さまの状態に合わせた栄養サポートを実施し、早期回復・早期退院につなげています。

3B病棟(外科・一般内科)

消化器系がんの周手術期看護や終末期看護、緩和ケア、ストーマケアなどを行っています。一般内科としての広い知識を求められた看護を行っています。急性期病棟ならではの忙しさもみんなでカバーしあい、そして楽しく学びながら成長できる環境です。

4A病棟(脳神経外科・歯科口腔外科)

脳神経外科・口腔外科中心の、周手術期ケア、ターミナル・ケア、リハビリテーションまで幅広く個別に応じた看護を提供しています。
ガンマナイフ治療の専門病棟でもあり、満足度の高いケアが提供できるよう、そのスキルの向上に努めています。
全過程において、チーム力・コミュニケーションを大事にし、常に意見交換しながら、柔軟な姿勢で看護に取り組んでいます。

4B病棟(循環器科・呼吸器内科・眼科)

内科系疾患(循環器・呼吸器・糖尿病など)を広く学べます。
どんな患者様にも的確な看護を提供できるよう「患者様に寄り添う看護」を心がけています。

5B病棟(回復期リハビリテーション)

回復期リハビリテーション病棟では、機能の回復や日常生活動作(ADL)の向上を図り、多職種で共同して集中的にリハビリテーションを提供しています。
カンファレンスでは情報を共有し、回復過程を確認しながら能力を発揮できるように個別性のある看護を心がけています。リハビリの意欲を引き出しながら、生活リズムを整え、季節の変化を感じていただくために年間行事やアクティビティも計画し、実践しています。
そして患者さまやご家族が不安のない在宅生活を送れるように、退院指導にも力を入れています。

ICU

ICU

ICUでは救急搬送されてくる重症患者さまや侵襲の大きな手術後など外科・内科を問わずあらゆる疾患の患者さまが入院されます。
私たち看護師は、患者さまひとりひとりに寄り添った看護が提供できるよう、毎日カンファレンスを行い、医師やリハビリテーション部、NSTなど他職種と連携を図りチーム医療を展開しています。患者さま同様、危機的な状況にあるご家族に対しても、支えとなれるよう家族ケアにも力を入れています。
また全身管理を行い最善のケアができるように日々、知識技術の自己研鑽に努めています。

血液浄化センター

主に慢性腎不全における維持透析患者さまの治療・管理を行っています。体外循環という特殊でリスクの高い治療を行っているため、「安全第一」をモットーに業務に取り組んでいます。
患者さまには食事や運動などの日常管理が不可欠となるため、個々の生活に取り入れやすい方法を提案し、分かりやすい説明を心がけています。
患者さま向けに「菜の花便り」という新聞を作成し、情報提供も行っています。

手術室・中央材料室

緊急手術を合わせ、年間1700件程の各科手術を行っています。
患者さまを安全に迎え、手術が無事終えられる事を第一に考え、日々業務に励んでいます。
また、術前訪問など患者さまの不安軽減に向けての取組みも行っています。

外来

外来には20科目程の診療科があり、1日約600~700名の患者さまが来院されています。
ガンマナイフ治療には遠方からの紹介の方も多く、月平均30件程の治療が行なわれています。医師・事務・外来・病棟・放射線技師が協力体制を整え、患者さま個々にあった対応をしています。
外来の改修工事も順次行われ、気持ちも新たに患者さまにご満足いただけるよう業務に取組んでいます。

委員会の運営

名称 活動概要
看護部会 看護部内での意思決定および情報伝達の源として機能し、各部署運営をはじめとする看護管理を円滑に行うことを目的としています。
看護部に求められている内外の情報を共有し、看護管理者としてふさわしい人材の育成を目指すことも意図しています。
業務改善委員会 看護サ-ビスの質を向上するために必要な設備や備品の導入に向けた検討を行っています。
記録委員会 看護部スタッフがセコメディック病院にふさわしい看護記録様式を用いて質の高い記録が行えるよう、看護記録方法の様式案や記載方法の基準の作成、看護記録に関する教育や実践指導を行っています。
基準・手順委員会 院内における基準・手順の見直しを行っています。
常に患者さまの安全と安楽を重視し、かつエビデンスに基づきながらもコストパフォーマンスに配慮したケアを実施していくことを目的としています。
看護必要度委員会 急性期病棟における7:1看護基準の適応を満たすために、「看護必要度」が適正に評価・記録されているか継続的なモニタリングを行ったり、スタッフへの指導や教育を行ったりしています。
災害対策委員会 院内災害対策委員会と共同し、看護部スタッフの災害対策に関する啓蒙活動を行い、防火訓練にも積極的に参加しています。
アクションカードの作成と改訂、それに伴う災害対策マニュアルの改訂も行っています。
スキンケア委員会 院内における皮膚障害の発生を予防し、早期発見に努め、その適切な治療計画を継続的にアセスメント、実施し評価していくことを目的に活動しています。
スタッフへのスキンケアに関する教育や実践指導も行っています。
リンクナース委員会 看護部スタッフが感染予防対策委員会、ICTと連携して各部署で感染防止活動を実践しています。現場での役割モデルとなる事や各病棟の問題点抽出、スタッフへの啓発活動、サーベイランスの実施などを行っています。
教育委員会 看護部スタッフが看護部理念に従って日々の看護業務を遂行できるよう、看護スタッフ一人一人の教育ニーズを把握し、それに応じた教育プログラムを作成、実施、評価しています。委員会では活動内容に沿って前向きな意見交換が行われています。
管理業務検討委員会 常に患者さまの安全と安楽を重視し、看護管理における基準・手順の見直しを行っています。臨床現場から基準・手順に関する相談を受けたり、教育、実践指導を行ったりもしています。
看護補助者会議 看護補助者業務の円滑化を図るため、各部署の問題点を提起、協議して改善案を検討しています。看護補助者にふさわしい人材の育成も目指しています。
クラーク会議 病棟クラーク業務が円滑に遂行できるよう、情報の共有とクラーク業務の改善を目的に活動しています。