新人研修

新人研修風景1 新人研修風景2 新人研修風景3

学生から、看護師として、そして責任ある一人の社会人に成長する大事な時期です。経験や学びが確実に力になるように、個人の成長に合わせた支援を行っています。
新人看護職員研修ガイドラインをもとに、新人看護師が卒後1年間備えるべき看護技術を習得できるような研修企画を行っています。研修は、医師や薬剤師、臨床工学士から専門的な知識を得られる機会でもあります。疾患や治療の理解を深めるために手術や処置の見学も奨励しています。
また、配属先では、教育担当者が新人看護師一人ひとりに合わせた教育計画をたて、それを各所属メンバー全員で実行し新人看護師をサポートする「チーム支援型」の体制をとっています。
入職後、看護業務は段階をおって、受け持ち患者さんを増やしていきます。夜勤の開始前は、患者さんを受け持たない「見学夜勤」を2回実施したのち、3回以上の夜勤業務のトレーニングに入るなど、緩やかに段階的にすすめています。概ね、9月頃には夜勤のトレーニングを開始します。

基礎コース内容

  集合研修
4月
  • 入職時オリエンテーション
    病院理念、院内ルール、看護部について、
    感染予防対策、医療安全、
    病院の機能と各部署、接遇コミュニケーション、
    当院の継続教育、看護記録、電子カルテの使い方、
    褥瘡予防対策、移乗・食事の介助、
    救急看護(AED・BLS)、災害対策、
    VTE予防対策、
    ME機器(輸液ポンプ・シリンジポンプ)、
    基礎看護技術(バイタルサインの測定、
    注射と吸引の知識と技術、血糖測定、
    点滴の管理、胃管挿入、Baカテーテル挿入、
    酸素療法、口腔ケア)等
  • 社会人として
  • 患者体験
  • レポートの書き方
5月
  • 診療録
  • 個人情報管理
  • 手術室見学
  • BLSビギナーズコースⅠ
6月
  • 新人フォローアップ研修(3ヶ月)
  • 看護過程の展開(記録)
  • 心電図について
7月
  • 薬剤管理(鎮痛剤)
  • スキンケア(総論)
8月
  • 薬剤管理(インスリン製剤)
  • ME機器(人工呼吸器)
9月
  • 新人フォローアップ研修(6ヶ月)
  • 薬剤管理(緊急時の薬剤)
10月
  • 緊急時の看護Ⅰ(流れとDCの使用方法)
11月
  • 緊急時の看護Ⅱ(緊急場面設定アセスメント)
  • 高齢者看護
  • 認知症看護
12月
  • 新人フォローアップ研修(9か月)
  • 多重課題
1月
  • 看護過程(ケーススタディ)
2月
3月
  • 1年間のまとめ(看護倫理)

5月

一人ひとりの状況を確認しながら、患者さんの受け持ちを始めます。段階をおって受け持ち患者さんを増やしていきます。

5月~6月

・フレッシュセミナー(春)参加
・管理者面談で不安を解消

6月頃~

患者さんを受け持たない「見学夜勤」を2回実施します。

9月頃~

3回以上のトレーニングを行ってから夜勤業務を開始します。
一人ひとりの状況に合わせ、緩やかにすすめています。

10月~11月頃

・ フレッシュセミナー(秋)参加
・ 管理者面談で不安を解消

3月

次年度の目標設定


※4月~8月開催のStep1研修は、勤務時間内に開催
※9月~3月は、実地指導担当者による企画研修を別途開催

フォローアップ体制

チーム支援型

セコメディック病院看護部では、所属スタッフ全員が協力して新入職員の教育に携わる“チーム支援型”の教育体制をとっています。

各部署では、実地指導者または他の指導メンバーが新人教育にあたります。後者の場合、実地指導者検討会メンバーが、実際に指導にあたる者のオブザーバーとなり、その他のスタッフは、指導者の指導計画に従い新人教育のサポートを行います。

このようにチーム支援型教育体制で、所属部署スタッフ全員チーム一丸となって新入職員の教育をサポートしていきます。

入職から1年間の教育概要イメージ    先輩ナースインタビューはこちら >